AGAとは

雑誌の広告などでも目にするようになってきたAGA(エージーエー)。
人知れず気にしている人も多いのではないでしょうか。
AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略。
日本語では男性型脱毛症と翻訳されます。
頭頂部の頭髪が薄くなったり、生え際が後退するなどの症状が特徴です。
二十歳以降の男性の約3分の1、1200万人がこのAGAであるといわれています。

AGAの原因の前に髪の毛が生えるメカニズムについて説明します。
髪の毛は髪の毛を構成する毛母細胞が増殖を繰り返すことで上に伸びていきます。
まず細く柔らかい軟毛が生え、成長とともに太くしっかりとした髪の毛になっていきます。
髪の毛の寿命はおよそ2~7年ほど。
髪の毛が成長してから抜け、また新しい髪の毛が生えるサイクルを繰り返します。
AGAになるとこのサイクルが短くなり、髪の毛が成長せずに1年前後で抜けてしまうこともあります。

AGAの原因は主に男性ホルモンと遺伝です。
遺伝に関しては親や親戚などにAGAの人がいれば、自分もそうである可能性があります。
AGAは早ければ思春期以降、10代後半から症状が始まります。
AGAは早期の対処がポイントです。
他人事と考えず、治療や専門医院への相談を検討しましょう。
このページではAGA治療に関する情報をまとめています。
自分でできる対処法から専門医院での治療まで紹介しているので、頭髪の悩みを持っている人はぜひご一読ください。